繊維素系プラスチックのご紹介

一般にプラスチックと言えば石油を主原料として作られますが、当社のプラスチックは綿やパルプなどの植物繊維素をベースに作られています。
硝化綿を主原料としたセルロイド、酢酸綿を主原料としたセルロース・アセテート・プラスチックのアセチがあり、 セルロイドはシート、アセチはシートとペレットがあります。 またアセチシートには製造方法の違いにより3種類の形状があります。
いずれも肌触りが良い、透明性が高い、耐油性に優れるなどの特徴があります。


シートタイプ

CELLULOID セルロイド

セルロイドは、繊維系プラスチックのルーツで、非常に長期間にわたり、多くの方々に愛用されている素材です。 発火性が強く、取り扱いには十分な注意が必要ですが、他の繊維素系プラスチックに比べて変形が少ないという大きなメリットがあります。 現在もその自然なテイストと暖かみのある色柄でメガネフレームで利用されています。 また、ギターピック、楽器の部品、筆記具、ゴルフクラブのネックソケットなどにも利用されています。

安全取扱いマニュアル   カラーサンプル



ACETY®SHEET アセチ®シート

アセチロイド

酢酸綿を主原料に作られる繊維素系樹脂です。一般的にはアセテート樹脂と呼ばれ、世界の多くのメガネフレームはアセテート樹脂から作られています。製造方法の違う3種のシートがあります。

カラーサンプル



ブロックシート 

大きな塊から1枚1枚シート状に削られる湿式法というセルロイドと同じ方法で作られ、非常に複雑な色柄が再現できます。その特殊な製法によりほかのシートに比べ製造期間は長くなります。高級メガネフレームには欠かせない材料です。

ドライブロックシート

乾式ブロックシートとも呼ばれ、湿式ブロックシートに比べ、乾燥工程を省くことで、製造期間が短く、小ロットの製造が可能です。主にメガネフレームのテンプルなどに使用されます。

押出しシート

アセテート・プラスチックのペレットを押出して作られます。単色はもとより、多色押出しによりレイヤーや種々の柄物シートがあります。ブロックシートと貼り合わせ、複雑な構成を持つタイプもあります。メガネフレームには最もポピュラーな材料です。

SPEC

項目 単位 セルロイド アセチ®シート
ブロック ドライブロック 押出し
サイズ (長さ) mm 約1,400 約1,400 360 640 / 1,000
(幅) mm 約635 約635 320 150~230
熱変形温度 65~75 60~70 60~70 60~70
曲げ強さ MPa 60~80 50~70 45~55 45~55
比重 1.35~1.40 1.27~1.32 1.27~1.32 1.27~1.32
引張強さ(破断) MPa 45~65 45~55 38~45 38~45
伸び % 20~40 25~40 25~40 25~40
衝撃強度 J/m 150~200 100~150 100~150 100~150